--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/06/14.Thu

それぞれの暮らしへ

aros1.jpg


すべてを物語るこの1枚
エンガワでのペタペタ工作教室のひとコマ

こんな風に暮らしを楽しむシーンが
いろんなところで見られる、とてもいいイベントでした
なにより子どものはしゃぐ声、走り回る足音
素敵なBGMでした

「くらしCafé」は
「ぬくもり」「ゆったり」「おしゃべり」の代名詞
3年かかって辿り着いた、ぐりぐりの新しいメッセージが
AROSとのコラボレーションで実現しました

お越しくださった皆さまと
楽しい時間を過ごすことができたことをしあわせに思います
ありがとうございました

このイベントでなにかを感じ
それぞれの暮らしの中で思い出していただけると嬉しいです



いとおかし | Comments(0)
2007/05/31.Thu

できたて、いとおかし

taruto.itokasi.jpg


予約販売の焼菓子セットの制作も終わり
イベントのことだけをまっすぐ考えられる
・・・と思いきや、あと10日

よくよく考えたら
レシピノートには70ほどのお菓子が・・・
一度販売しただけで、それっきりというお菓子も
そんな久しぶりのものも
今回は作ってみようと思っています
たぶん3日前くらいに内容は決まりそうです
もうひとまわりすれば、このブログでお知らせできるかも?

もちろん、定番の焼菓子も!!
この国産小麦粉で作るタルト
じっくりじっくり焼き上げ、粉の味を最大限に引き出した
その名も「無:む」

お菓子に余計なものはいらない
シンプルな素材を素直に使えば、伝わると信じて

オーブンで一度に焼き上げるタルトは20個
網にのせると香ばしく甘い匂いに包まれる
できたてはいつも微笑んでいる
焼きあがったお菓子を見ているわたしも顔がほころぶ

これからイベントまでの準備
頭の中はお菓子のことでびっちりだけれど
できたての微笑むお菓子に出会える日々が続く
早く会いたい



いとおかし | Comments(0)
2007/05/22.Tue

「ただいま」

「いとおかし」3周目、少しは加速しないと

打ち合わせでたびたびお邪魔しているAROSのおうち
立方体の一見、冷たい印象の外観
が、中に入ると柔らかい空気を感じる
まずこのギャップに驚くのだ

回を重ねるごとに
自分の家のような錯覚に陥り
「ただいま」と思わず口に出てしまいそうになる
なにがいちばん気に入っているかというと、床!!
杉の床がすべすべで優しい
このマットでなめらかな質感は
子どものころ、それがないと眠れなかったお布団の肌触りそのもの

そんな床の上で、のんびりとお茶ができたらいいなぁ
カフェというより
自分の家で珈琲と少しの焼菓子をトレイに載せて
ぼんやりとこの間買った本でも読もうかしら・・・と腰を下ろす
暮らしの中の平凡だけど、心休まる時を
AROSさんで感じていただければと思っています

さぁ、どれくらいのお菓子を作ればいいのか・・・見当もつきません
これからじわじわと煮詰めていって、直前に一気に!!
定番の焼菓子と新作をちょっぴり
そのままお持ち帰りでもいいし
お時間に余裕のある方は、和樂さんの珈琲と一緒にどうぞ。


いとおかし | Comments(0)
2007/05/11.Fri

さくさくと、試作

そうであればなんと嬉しいことか。。。
レシピ本のとおりに作って、そこそこ美味しくて
それでOKなどということは決してないのです
人が作るレシピはその人自身が美味しいと思う味だから

十人十色、味覚は千差万別

お菓子に関しては特に
自分が美味しいと思う味のレシピは、人と違う・・・・
飲み物で甘さをごまかしながら食べるお菓子は欲しくないのです
風味のない、添加物だけで作られた味も食べたくないのです
だから自分で作る
探りながらの研究
さくさくと進みたくてもそうはいきません
でもこの課程が時間を忘れるほど楽しい

安全な素材で作る、甘さ控えめのシンプルな焼菓子
このメッセージが伝わるように、丁寧に作ること
そして「いとおかし」のお菓子とともに過ごす時間が
大切な記憶として残りますようにと。。。。その想いだけです


itokasi.dac.jpg


名前は「記憶」
この言葉をつけるからには、それだけの思い入れがあったりします
もう1年以上作っていませんでした
その他大勢のひとつにしたくなかったということ

今回のイベントでは、どうしても作りたくなって
このお菓子から伝わる優しさや温かさがあの日の気持ちと重なって
再び販売させていただこうと
前のレシピを改良しながら、試作しております

焼菓子の中で一番好きなダックワーズ
このお菓子をはじめて食べたときの忘れられない驚きと喜び
ふわりとした食感にさらりとしたクリーム
当日は和樂さんの珈琲と一緒に食べていただけると嬉しいです

いとおかし | Comments(0)
2007/05/03.Thu

おやつの時間

itokasi.gori.jpg



このへんでちょっとおやつタイム。。。。

ぐりぐり、9人のメンバーの中で仲間分けされたら
わたしだけ違うジャンル
男子のなかに女子ひとり~~
いや、女子のなかに男子ひとり~~~(こっちもいいねぇ)
そんな美味しいポジション

わたしが作るものは、お菓子。
「甘さひかえめ」、「安心な材料」、「シンプルなデザイン」をキーワードにした
趣(おもむき)のあるおかしづくりをしております
「いとおかし」のyukariです

お菓子といってもいろいろありますが・・・・
小麦粉・卵・砂糖・バター
この4つの素材を多様に使い分けることで、オーブンの中で小さな奇跡が起きる
この魅力にノックアウトされてからは、焼菓子を主に制作しています

今回のイベントでは
今までの焼菓子販売とあわせて、初挑戦!!のカフェ
さぬき市で人気の珈琲専門店・焙煎元「和樂」さんと
1日限定エンガワ(縁側)カフェをオープンします
和樂の珈琲といとおかしのお菓子・・・・いつも我が家はこれですけどね。
自分で淹れるのと和樂のスタッフの方が淹れてくれるのは
どうも味が違う。。。。
6月10日は和樂のスタッフによる本物の味に触れることができる
いい機会だと思いますので、ぜひAROSへ~

「いとおかし」もこの珈琲にあうカフェのおやつ。。。。考えます
。。。。。。。。。。。。それはまた次のお話で。

いとおかし | Comments(0)
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。